ゲオのバイトって楽に見えるけど実際どうなの?仕事内容を解説!

レンタルショップのバイト

ゲオバイトは大学生や20代フリーターに人気のアルバイトですが、実際にどういった仕事をしているのでしょうか?

お客さんとして行ったことがあれば、何となくどんな仕事をしているのか把握できるかもしれませんが、ここではゲオのアルバイトの仕事内容について解説していきます!

スポンサーリンク

ゲオの仕事内容

レジ接客

レジでの接客では、レンタルDVD等の貸し出し、ゲーム・CDなど販売商品のレジ打ちが主になります。

ゲオではポンタカードやアプリで会員情報を管理しているため、レンタル商品の貸し出しの際には、会員情報の読み取りが必要になります。

レジ接客においても、お客様からレンタル商品の陳列棚の場所を聞かれたり、バックヤードに保管している物販商品を取りにいったりする作業もあるため、店舗内のレイアウトや商品配置箇所、バックヤード内の商品位置などを覚える必要があります。

返却されたレンタル商品の戻し

返却されたレンタル商品は、バーコードを読み取り、POS上で返却処理をしたうえで、商品棚に返却します。規模の大きい店舗では、1日に返却される商品の量も多いため、返却専用のスタッフを設けているところもあります。

小規模な店舗では、レジ接客から返却までを臨機応変に少人数で対応しているところが多いです。レンタル商品がどこの棚のどの位置にあるのかを把握しておかないと、返却する場所がわからずに店内をさまようことになります。

映画やアニメ、ドラマのタイトルを覚え、商品棚のレイアウトを把握することで、素早い返却作業が可能になります。どちらかというと、働き始めの初心者スタッフよりも、長く働いているベテランスタッフが返却作業を行っていることが多いです。

商品買取

ゲオでは、テレビゲーム・カードゲーム・CD・DVD・携帯電話などの中古買取を行っています。

テレビゲームは基本的にディスクに傷がついていないか、説明書があるか、パッケージにひどい汚れがないかなどを見て、商品買取ランクを決定します。ゲーム機本体であれば、動作確認を行うため、10~30分程度時間がかかる場合があります。

CD・DVDもゲームソフト同様、ディスクの傷具合や、パッケージを確認し、査定します。ディスク系の商品は、傷がついているものも多くありますが、多少の傷であれば、研磨機にかけることでとることができるため、買取価格に影響することはありません。

携帯電話の買取は、各携帯電話会社の情報から、白ロムであることの確認が取れたものを買取します。

ゲーム関連商品は、買取後に店舗の在庫として加わることが多いですが、携帯電話については、一度管理工場に送った後、各店舗に割り当てられていました。

レンタル延長顧客の管理

レンタル商品はそれぞれレンタル期間が定められています。

それを過ぎた場合、延長金が発生しますが、3日以上延長しているお客様に対しては、電話による確認作業を行っていました。こちらの業務については、仕事になれたスタッフが行っていました。電話でお客様に延長日数と返却予定日、延長金額の確認を取ることが主な内容になります。

お客様によっては、逆ギレする方や、白を切り通そうとする方もおり、苦戦する業務の一つでした。

商品の泊数変更

レンタル商品は新作・新作だけど7泊8日・準新作・旧作に振り分けられます。これは店舗によりまちまちな部分もありました。

商品の売れ行きに応じて泊数が調整されているようでしたが、こちらの泊数は棚に陳列されているパッケージにシールを貼って、お客様に分かるよう表示しています。決まった時期になると、この泊数シールを貼り替えるという作業を行っていました。

スタッフが一つ一つのパッケージに貼られたシールを貼り替えるので意外と時間のかかる作業でした。

商品ポップの作成、特集コーナーのレイアウト

新作商品で注目度の高いものは、特集コーナーを設置します。

ポップ用の素材は本部から送られてきており、その素材を用いて、特集コーナーのデザインや商品配置を行います。

店舗によっては社員の方が行っていたりしますが、私が働いていた店舗ではアルバイトスタッフで行っていました。

これは、毎週月曜など決まった曜日に作業を行っていましたが、商品が入れ替わるタイミングで、店舗内に掲示しているチラシポップ等もすべて差し替えていました。要領や流れを覚えれば大したことのない仕事ですが、初めて経験した際は大苦戦しました。

アルバイトをしてみた体験談

クレームが多い

とにかくお客様からのクレームが多くありました。

レンタル商品を一つ一つ動作に問題がないか確認することは難しく、お客様に貸し出したものの見れなかったというクレームが毎日のようにありました。
中には理不尽なお客様も多数いました。

基本的には見れない商品があった場合、交換させていただくか、返金するかなどの対応をします。

お客様の中には、旧作商品が見れなかったにも関わらず、2泊3日で貸し出している新作商品を旧作単価で1週間貸し出せという方もいらっしゃいました。

私が働いていたときは、交換や返金+無料レンタル券をお詫びとして配布していましたが、それでも納得されないお客様が多くいたように思います。今思えば、クレームに対する耐性はここで身についたと感じています。

立ち仕事がつらい

仕事をしている時間はとにかく立ちっぱなしです。私が働いていた店舗では、毎日人員配置を固定していました。

そのため、レジ担当になると5時間同じ位置に立ちっぱなしということがよくありました。

お客様の回転率もかなり良い店舗で客足の多い時間勤務だったため、5時間立ちっぱなし、しゃべりっぱなしという日がほとんどでした。

コンビニなどの接客と違い、休む暇がない状況でした。

まとめ

ゲオなどのレンタルビデオ店の仕事は楽だと思う方も多くいると思いますが、決して楽な仕事内容ではないと感じました。

他の接客業とくらべ、クレームも多いと思いますので、コミュニケーション能力は必須であると思います。

また、映画やドラマ、アニメなど多ジャンルにおいて商品知識も必要となるため、店舗で扱っている商品に全く興味がない方はあまり向かないかもしれません。お客様からおすすめ商品を聞かれることもあります。

私は映画が好きだったので、おすすめ作品を教えたお客様から面白かったと言われた際はとてもうれしい気持ちになったことを覚えています。

ゲオで扱う商品の中で好きなジャンルがある方、社交的な方にとってはとても活き活きと働けるのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



レンタルショップのバイト
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました