スシローバイトの仕事内容!ホールとキッチンどちらがキツイ?

回転ずしのバイト

スシローの仕事内容は大きく分けて2つに分類されています。まず1つ目は接客担当のホールです。ホールでは席の案内や注文の確認、会計や食器の片づけなどを行います。

次に2つ目は調理担当のキッチンです。キッチンでは簡単な調理や盛り付け、レーンへの寿司の流しやオーダー商品の流しなどを行っており、商品の区分ごとに担当が細分化されています。

チェーン店であるだけあって、マニュアル化がしっかりとなされており、基本的な指示は社員が行うので、仕事内容としては明確な面が多いでしょう。また、仕事をはじめてすぐは基本的に1つの担当だけをしっかり覚えることができるように配慮してもらえます。

スポンサーリンク

スシローの仕事内容

ホール

来店人数の確認や注文は基本的にタッチパネルになりますが、最終的な案内や対応などはスタッフが行うことになります。

特に注文に関してはレーンに流すのでどうしてもタイミングが合わずに取り逃してしまうということや途中で商品が崩れてしまうということがあります。そのために、そういった対応を取り行い、キッチンへと伝えるスタッフが必要となります。

また、お店の回転率を上げるためにホールで行うことのできる比較的簡単なドリンクなどの注文提供もホールのスタッフで行います。店舗によっては販売促進の対応商品などを直接席に回って販売することもあります。

お店全体の回転率を上げるために手際よく、ホールのスタッフ同士で役割を分担しながら、時にはキッチンとも連携を取りながら仕事を行わなければいけません。

キッチン:寿司の提供

シャリは店舗にもよりますが、専用の機械でにぎりも軍艦も細巻きも自動的に形が作られるようになっています。

なので、基本的にはその出てきたシャリにネタを乗せる作業となりますが、1貫に対して何グラムのネタを盛り付けていくのかはしっかりと決まっていますのでそれに基づき作成していきます。

そして作った商品をレーンに流していきます。どれをどのくらい流すのかは来客数に応じて社員や機械により指示があるのでそれに従っていきます。

また、タッチパネルで入った注文商品やホールスタッフからの直接注文を作成し提供するのですが、一定の時間が設定されており、その時間以内で商品を作成・提供しなければいけないので、ある程度の速さ、正確さ、効率性が求められます。なのでキッチンのスタッフ同士の連携も必要となってきます。

キッチン:サイドメニューの提供

サイドメニューの作成は出し場やフライヤー、デザートの担当が行います。

出し場では茶わん蒸しの作成からラーメンやうどんの麺をゆでる作業、汁物を盛り付ける作業まで行います。フライヤーでは揚げ物を、商品ごとに決まっているあげ時間にしたがってあげて、盛り付けていきます。

デザートも決まっている手順に従い作成を行っていきます。

サイドメニューはどれも寿司のようにレーンに流すことは少ないので、基本的には注文が入ってからつくらなければいけないことになっています。なので注文が入り次第、順次作成、盛り付け、提供を行います。

こちらもお寿司同様に、タッチパネルで入った注文商品やホールスタッフからの直接注文を作成し提供するのですが、一定の時間が設定されており、その時間以内で商品を作成・提供しなければいけないので、ある程度の速さ、正確さ、効率性が求められます。

キッチン:シャリ炊き

シャリは当日に炊いたもののみの使用となっているので、店舗のオープン時間前から一定の量のシャリを炊いておく必要があります。

道具もスペースも限られているのでうまく算段を立てながら効率よく仕事をしなくてはいけません。こちらもあらかじめ社員の指示があるのでそれに従っていくことになります。

キッチン:ネタの仕込み

商品のネタなどを用意します。チェーン店にしては珍しく、店内で仕込みを行います。切った状態で納品される商品もありますが、新鮮な商品を提供したいという理念から店内でネタの切り付けを行うものも多くあります。

厳密な数量・グラム数などがしっかりと決まっており端材までしっかりと使い道が決定されています。

こちらも商品の消味期限の取り決めがあるのでそれに合わせてその日で売り切れる量のネタを店舗のオープン時間前から準備する必要があります。

そして、営業時間中も商品の売れ行きにより、ネタを準備していく必要性があります。ただし、ある程度の指定は社員が行ってくれるので、あとは時間内にどれだけの仕事量を時間以内に終わらせることができるかということになります。

キッチン:食器の洗浄

基本的に食洗機を使用し、ホールスタッフにより回収された食器を洗い、指定の場所へ戻します。よく使われている丸いお皿に関しては専用の食洗機があり、お皿を重ねるだけで洗うことができます。

しかし、あまり大きなごみがついていたりすると故障の原因となるのでそういったものは取り除いていく必要性があります。他の食器に関しても大きなごみを取り除くためにあらかじめ洗ってから食洗機にまんべんなく洗えるように並べることになります。

時間帯によってはお皿の使用率も上がるのでそれらがなくなることのないようにひたすら洗っていくことが必要となります。

やってみた体験談

マニュアル化がされているので手順などはわかりやすいが、逆に、それらをしっかりと守らなければいけないし、手早く仕事を行わなければいけないので覚えるまでがかなりつらいし、大変です。

商品も一定期間で新しく増えたりするので1度覚えただけで終わりではありません。また、時間帯や繁忙期などには一気に来客数が増えることもあるので、臨機応変に仕事を行う必要性があることに気を付けたほうがいいです。

ホールとキッチンどちらがキツい?

私はどちらも経験しましたが、キッチンの方がキツかったですね。特に私の働いていた店舗ではキッチンのバイトが全然足りてなかったので・・・。

でも先ほども言いましたが、仕事の全てがマニュアル化されているので、慣れてしまえば精神的なキツさというのは無くなってきます。

逆にホールは接客業になるので、クレーム対応などイレギュラーなことが多々起きるので、そういった意味ではツラです。

基本的に採用されると、男性はキッチン、女性はホールで働くことになると思います。

まとめ

チェーン店なので仕事内容はしっかりとマニュアル化されていて、仕事内容も細分化されています。そのため、覚えることは多いのですが、内容は明確になっている仕事内容と言えるでしょう。

また、基本的に一人の担当は決まっていますが、店舗の状態に合わせて臨機応変に対応していく必要性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



回転ずしのバイト
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました