居酒屋の仕込みバイトって辛いの?経験者が体験談を語る

居酒屋のバイト

居酒屋のアルバイトの募集はよくみかけます。たまに、仕込みのアルバイトの募集をしているのをご存知ですか。

このアルバイトは、居酒屋がオープンする前に、食材の下準備をする仕事です。

今回は、居酒屋の仕込みバイトって、どんなことをするの?仕事は辛いの?という疑問にお答えします。

スポンサーリンク

居酒屋の仕込みの内容

まずは、居酒屋で行う仕込みバイトの作業内容について紹介します。

お店によって、仕込む食材や方法は異なりますが、一般的な仕込みについて紹介しますね。

肉類の仕込み

居酒屋の人気・定番メニューといえば、焼き鳥とから揚げですよね。

から揚げの場合は、お客さまからオーダーが入ったら「揚げるだけ」の状態に仕込む必要があります。そのためには、まず鶏肉を食べやすい大きさに切り、タレに漬け(このタレも仕込む必要がありますね)、片栗粉・小麦粉などをまぶしておきます。

焼き鳥の場合は、お客さまのオーダーが入ったときには、焼くだけの状態にしておく必要があります。そのためには、まず鶏肉の大きさを揃えて切り(コレが重要)、串に刺し、調味料を振る作業をします。

この仕込みは、比較的技術がいりますので慣れるまではつらい作業かもしれませんね。

野菜類の仕込み

居酒屋では、サラダや野菜スティックなどの野菜料理も人気です。また、さまざまな料理に野菜は使われています。

料理に使うそれらの野菜を洗い、カットする仕込みが必要です。中には皮をむく野菜や、アクを抜く作業のいる野菜もあります。また、生で食べられない野菜類に火を通す作業も行います。

タレやソースの仕込み

サラダなどに使うドレッシングは、業務用の出来上がったものを使用することが多いのですが、料理添えるタレやソースなどは手作りしている居酒屋も多いようです。また、調理する際に使用するソースなども仕込むこともあります。

この仕込みは、マニュアルに従って、決められた分量を混ぜていくだけの作業ですので簡単です。

このように、居酒屋では、お客さまからオーダーが入ったときには、加熱するだけ・盛り付けるだけという段階までに仕込んで置く必要があります。そうすることで、お客さまにすぐに料理を提供することができますよね。ですから、仕込みバイトはとても重要な仕事なのですよ。

では、これらの仕込み作業は辛いのでしょうか?

居酒屋の仕込みバイトの辛い点【技術面】

どのアルバイトにも言えることですが、仕事をしていく中で、辛いと思う点は多々出てくるものです。

ここでは、居酒屋の仕込みバイトにおける技術面での辛い点を紹介していきます。

慣れない調理作業が辛い

居酒屋のアルバイトをするときに、その人の調理スキルがどの程度かによって、調理作業の辛さは違ってきます。

たとえば、調理に慣れている方でしたら、決められた大きさに食材をカットすることはたやすいですよね。一方、包丁を握ったのは家庭科の授業以来、なんていう調理初心者の方には、食材をカットする作業は難しいです。

また、調理に慣れている方でも、焼き鳥の鶏肉を串に刺す作業などは、初めての経験という方も多いと思います。このような、居酒屋独特の仕込みを行う際には、辛いと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、これらの作業は、回数を重ねていくうちにコツがつかめますので、がんばってコツコツと取り組めば大丈夫ですよ。

ケガが辛い

居酒屋の仕込み作業には、ケガがつきものです。慣れない包丁や、初めて行う作業に気を取られて、手などを傷付けてしまうこともあるでしょう。たとえ、仕込み作業に慣れてきたとしても、ケガをしてしまう可能性はゼロではありません。

仕込み作業は、先ほども紹介した通り、時間との勝負ですから、作業を焦るあまりケガをしてしまう恐れがありますね。

また、仕込みは火を扱うこともありますので、やけどにも注意が必要です。

居酒屋の仕込みバイトの辛い点【精神面】

居酒屋の仕込みバイトの技術面における辛さを紹介しましたが、次は、精神面における辛さを紹介していきます。

制限時間が辛い

居酒屋の仕込み作業は、お店がオープンする前に終わらせる必要があります。そのため、仕込みにはスピードが求められます。さらには、仕込みの美しさも求められますので、かなりのプレッシャーになります。

お客さまにお金をいただいて提供する料理ですから、仕込みの手を抜くことはできませんよね。

始めのころは、時間制限内に終わらせるのは困難だと思います。そんなときには、手の空いた従業員が手伝ってくれます。

仕込み作業とは、いかに早く美しく仕込めるかの勝負になりますので、慣れるまでは辛く感じるでしょう。

ですが、これも経験を積んでいけば問題ない作業です。経験を積んでいけば、さらに高度な仕込みを任せてもらえますよ。

人間関係が辛い

居酒屋の仕込みのアルバイトは、お店がオープンする前に行う関係で、午後3時から6時、と言う勤務形態で募集している場合が多いです。

そのため、夕ご飯前のすき間時間に働いている主婦が多いです。仕込みが終わった後は、自宅に戻って夕ご飯の用意ができますので、調理に慣れている主婦にはもってこいの仕事なのです。

募集するアナタが若く、中年女性と接点がない場合には、これは、始めは辛く感じるかもしれませんね。仕込みの時間は、お客さまの目もないので、話しをしながら作業をすることができます。

主婦は、総じて若い子に興味津々なので、「恋人はいるの?」とか「休みの日は何をしているの?」なんて、プライベートなことも根掘り葉掘り聞いてくる可能性があります。これは、若い方には辛い時間でしょうね。

また、若い方と主婦とでは興味のあることや、知りたいことなども異なるでしょうから、話が合わなくて困ることもあるでしょう。アナタが若い男性であるなら、さらに興味がかけ離れているので、辛いかもしれませんね。

ですが、主婦はある程度の人生経験もありますので、若いアナタに、きっと優しく接してくれると思います。

この人間関係も、時間とともに良好になっていくものと思います。

まとめ

居酒屋の仕込みバイトの辛いと思う点をいくつか紹介してきました。

最初のころこそ、慣れない作業で戸惑い、辛いと感じることも多いと思いますが、経験を積んでいけば、そんな思いも次第に解消していきます。

居酒屋の仕込み作業は、お客さまに楽しんでいただくための大切な仕事なので、やりがいのあるアルバイトですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



居酒屋のバイト
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました