ヤマダ電機のバイトって平日は暇なの?評判を集めて分かったこと

皆さんはヤマダ電機によく行きますか?

私は家の近所にジョーシンがあるのであまり行く機会がありませんが、週末になるとどの店舗も多くのお客さんで賑わっています。

ただ平日はどうでしょう?どの電気屋でも言えますが、平日はほとんどお客さんがいません。店舗が広いので余計に少なく感じますよね。

ヤマダ電機で働くスタッフも皆暇そうです。もしろん、品出しなど雑用はあるでしょうがコンビニなどの平日バイトに比べると明らかに暇そうに見えます。

では、本当に暇なのでしょうか?実際にヤマダ電機で働いたことがある方の評判を集めてみたので判断してみましょう。

ヤマダ電機の評判

タイトルをタップ (クリック)したら口コミが見れるよ~

https://baito-master.com/wp-content/uploads/2019/06/ecaf748acfc95a1c048d470057131e44.png

さおり

私のバイトしていた店舗は、平日は客が少なく休日になると客が多くなる繁華街にある大型の店舗です。
平日はサラリーマンくらいしか来ないのですが、休日になると親子連れやカップルなどで賑わいます。
平日は暇ですが休日になると平日の五倍ほど忙しくなるため、平日は英気を養うために勤務中とは言えゆったりすごせます。
しかし休日は目も廻るような忙しさですので、平日の暇なときにそれにきちんと対応できる力を備えておくのが大事です。暇な平日はカタログをスミからスミまで見て、休日に聞かれたときには全部きちんと答えることができるようにしておくなど、店としては暇でも店員としての質は落とせないのです。
平日は知識を吸収する時間で、それを休日に生かすのです。外国の方も多くいらっしゃいますので、同じフロアで働く通訳に話を聞いてみたりすることも大事な仕事です。

ヤマダ電機はネットでも言われているとおり、来店客が少ないです。実際に暇ですし、平日などは時間のつぶし方に悩むときもあります。
しかし暇でもやらなければならないことがあるのです。
それは原価で購入する客の接客です。個人商店やネット販売などをしている客は店長あたりと契約を結び、ほしい商品に関して定価ではなく原価購入させています。
ただそれでは儲けが出ませんので、原価で好きなものを購入させるかわりに、定価もしくはそれよりも若干安くこちらからお願いするものを購入してもらうのですがその接客が暇なときは主な仕事となります。
まとめて購入してくれますので単価は安くても一気に売れますので梱包やレジに時間がかかりますし、意外と時間つぶしになります。

私はパート勤務で主に平日の昼間に勤務していますが、私の働いている店舗は郊外にあり平日はお客さんがほとんど来ないので接客する機会がほとんどありません。
たまに週末に出勤することもありますが、忙しさが全然違います。
駅前にあるヤマダ電機だと、平日でもサラリーマンや学生が来るのである程度忙しいかもしれませんが、車でしか行けない郊外にある店舗では平日は本当に暇です。

ここでのバイトの経験は、客とどのように筋道をたてて会話をしたらいいのか、周りの社員とどういう会話をしたらいいのかというのが勉強になりました。
商品を購入される方は勿論ですが、諸事情で商品が壊れてしまった際、どのように壊れたのかどう使っていたのかなどを聞き出す方法を身につけました。
普通に使っていて壊れた、という方もいらっしゃるのですが半数以上はそうではなく何か原因があって壊れていますのでそれを聞き出す手法を身につけたのです。
社員も変わった人が多く、また体育会系の社員が多いため、会話がほとんどパチンコや賭け事の話題ばかりなのですが、それに合わせる方法を身につけました。おかげで、ある程度言葉の悪い店や職場でもうまく接していけるスキルを身につけることができました。

大阪の話なのですが、ヤマダ電機は店舗によって合っている人そうではない人が極端に分かれます。
のんびりした人材が合っている北部のほうもありますし、若いお客さんが多いので精神的にも若く対応することができる店員が必要になってくる南部もあります。
ヤマダ電機の店員だからといって一概に全員同じとはいかず、店舗ごとに店員の質がちょっとずつ変わってくるのです。
ですので、自分がもしヤマダでバイトしたいなぁと思ったときには実際に店舗にいってみることをオススメします。
自分のテンションや気持ちにあっている店舗なのかそれとも全然合っていないこんなはずじゃなかったと思う店舗なのかが一発で分かるようになります。
郊外にあるテックランドであれば地域密着型のスーパーに勤務するようなパートさんのような性質の人があっています。

ヤマダ電機のバイトは平日暇?

販売業はどうしても平日は暇になりがちです。

平日は接客が少ないかわりに、検品や品出し、陳列などの業務がメインになりますが、ヤマダ電機などの電気屋は商品点数がそれほど多くないので品出しする機会もそれほど多くありません。

だからと言って何もしないでボーっとするのではなく、暇なときに商品知識を付けるとか、自分から率先して社員のしている仕事を手伝うとか、平日だからこそ自分にできる仕事を見つけて積極的に行動することが大事です。

カテゴリー:
関連記事