セブンイレブンバイトの応募から面接対策まで気を付けること

コンビニのバイト

コンビニは誰もができるアルバイトとして人気があります。

その一方で夜間や土日はシフトに入りたがる人が少ないため、常に人を必要としているということもあり、アルバイトとしては敷居が低いと考えられています。

その一方で、もしもセブンイレブンで働きたいと思うのであればどのような点に気をつければ良いのでしょうか。ここではセブンイレブンの面接について紹介します。

スポンサーリンク

応募から面接までの一般的な流れ

コンビニバイトに応募する方法は大きく分けて2通りあります。

  • 店頭のアルバイト募集チラシから直接応募
  • アルバイト求人サイトからサイト経由で応募

店頭のアルバイト募集チラシから直接応募

応募したい店舗が明確で、手っ取り早く応募したいのであれば直接応募した方が単純明快なのでお勧めです。

店舗に出向いてレジで直接応募する旨を伝えるという方法もありますが、仕事中にいきなり来られても、仕事の邪魔になるしお客さんの迷惑にもなるので、よほどお客さんがいなくて暇にしてそうな場合を除いて、一旦家に帰ってから電話で応募するようにして下さい。

求人サイトからサイト経由で応募

求人サイトでは、一度の多くの求人を観覧できるので、その中から自分の希望に合った店舗を効率よく判断できるという面が一番のメリットです。

また、ネット応募になりこちらから電話で応募する必要が無いので、電話する時間帯などで悩む必要もありません。電話離れしている若者にもお勧めです。

どこの求人サイトを利用していただいても問題はありませんが、マッハバイトでは採用時にお祝い金が支給されるので、店舗で直接応募したりお祝い金の設定が無い求人サイトで応募するよりお得です。

マッハバイトで求人を探す

コンビニバイトの探し方まとめ

まずはマッハバイトなど、お祝い金の設定のある求人サイトで自分が勤務したいエリアでアルバイトを募集していないのか探して、無ければ店舗に出向いて応募していないか直接確認する方法が最も得して効率がいい探し方だと言えるでしょう。

応募したら面接に備える

コンビニのアルバイトの面接は採用することを前提として行われますので、シフト調整が困難とかよほど接客業に向いていないと思われない限り、落とされる事はありません。高齢者でも愛想があれば問題なく働けます。

面接までにしておくことは履歴書を用意しておくことです。履歴書を書き、顔写真を貼って面接に持参しましょう。

ただし、店舗によっては人手不足ということもあり、連絡を入れたらすぐに面接、すぐに採用となり、履歴書は後で出してくれれば良い、と言われたという人もいます。コンビニは24時間営業であり、やはり夜間や土日は人手が足りないことが多いため、このようなシフトに入れる人は重宝される傾向にあるのです。

面接で気をつけるべきこと

コンビニのアルバイトの面接は就活スーツなどを着る必要はありませんが、清潔感のある服装をしていく必要があります。

セミフォーマルを心がけ、男性ならばジャケット、女性ならばスカート着用すると良いでしょう。堅苦しい面接ではありませんので私服で構いませんが、小ぎれいな格好を意識することが大切です。髪型やヒゲ、メイクやアクセサリーにも配慮し、派手にならないようにして、香水等は控えましょう。

コンビニの面接では普段着で構わないと言われることもありますが、サンダルや短パンなどはご法度です。髪の毛を染めている場合、明るすぎないかチェックをしておきましょう。

特にセブンイレブンは接客面が厳しいと言われているため、面接の印象で「接客業に向いていない」と思われてしまうと、採用率が高いはずの面接で落とされる可能性があります。

セブンイレブンの面接では敬語できるかどうか、上下関係を理解できるかどうか、などということを確認するために体育会系の部活をやってきたかどうか、スポーツは得意か、ということを聞かれることが多いです。

そのため学生の場合は面接が厳しいこともあります。もしもスポーツをやってこなかったという場合、自分は敬語を話すことができる、上下関係を把握して上司の指示に従うことができる、ということを伝えられるようにしましょう。

また、セブンイレブンの長所を聞かれることもありますので、他のコンビニと何が違うのか、セブンイレブンが好きな理由、セブンイレブンを利用して嬉しかったことなども伝えられるようにしておきましょう。

面接では志望理由を聞かれることが多いですが、セブンイレブンの志望理由は素直な方が良いと言われています。

例えば、いかにセブンイレブンが素晴らしいか、いかに今までセブンイレブンで働きたいと思っていたか、というより、生活費を稼ぎたい、学費を稼ぎたい、などといった率直な理由の方が親しみが感じられ、採用されやすいと言われています。決まり文句ではなく、自分の思いを率直に伝えることを重視しましょう。家が近い、という事でも充分な志望理由になります。

また、シフトの希望を聞かれることもありますが、シフトに関してはあまりにも具体的にいうより、多少は融通が効くということを表に出すとより採用されやすいと言われています。また、1週間にどのくらい働けるのか、土日は働けるのか、という質問をされた人も多いです。絶対に嘘はつかないようにしましょう。

子供がいる場合は子供が熱を出した時などにどうするのか、などと聞かれることもあります。

未経験であってもコンビニのアルバイトは問題ありませんが、今まで他のコンビニで働いたことがある、コンビニではなくても接客経験があるためレジ打ちの経験がある、などという場合は重宝されることが多いです。研修期間が短くて済むため、すぐに採用となることが多いとされています。

面接で落とされるパターン

コンビニのアルバイトの面接は採用率が極めて高いですが、そんな中でも特に接客面で厳しいセブンイレブンだからこそ、面接でしっかり挨拶ができないと落とされる可能性が高くなります。

店舗や事務所で面接をする場合、そこにいる人にも挨拶をするということを忘れないようにしましょう。挨拶をしない、目を合わせることができない、お辞儀をしない、などは悪い印象を与えます。

そして接客業に向かないと思われると面接で落とされることがあります。目を見て話すことができない、敬語が使えない、自己主張が強い、などという場合はコミュニケーション能力がないと考えられることが多いです。

接客業においてコミュニケーション能力は大切です。受け答えがしっかりとできる、協調性がある、正しい敬語が使える、ということを意識しましょう。

まとめ

面接でよほど接客に向いていないと思われない限り、そしてあまりにもシフトが入れないという状態でない限り、面接で落とされる事はまずないと言われています。

事前にしっかりと準備し、採用される確率を上げましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



コンビニのバイト
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました