コンビニバイトって大変って聞くけど?評判を集めてみた

コンビニバイトはバイト初心者でもやりやすい仕事として定番ですが、実際にアルバイト経験のある方に聞いてみると「大変だからやめた方が良い」という声をよく聞きます。

ここでは、このサイトに投稿いただいた、コンビニバイト経験者の評判をかき集めてみたので、これからコンビニバイトを考えている方は参考にしてみて下さい。

コンビニバイトの評判・体験談

タイトルをタップ (クリック)したら口コミが見れるよ~

https://baito-master.com/wp-content/uploads/2019/06/ecaf748acfc95a1c048d470057131e44.png

さおり

私がバイトをしていたセブンイレブンは、家族で運営していました。ご家族で店長、社員と役割が決まっており、後は主婦層のパートとバイトの学生でシフトを埋めているといった感じでした。
私は朝の6時から9時までの3時間働いていました。この時間帯は時給が100円増しでした。駅から近かった為、お客の出入りは激しく、朝の時間帯は緊張感がありました。
学校に行く前の学生、出社前の人達が列を作り、電車の時間に間に合わせようとしているのか苛立ちが伝わってきます。そんな中でいかに早くレジをこなすかがポイントでした。
でも朝のメンバーは3人体制だったので、レジを2つ開けて2人がレジ操作、1人は袋詰めをしたり補充をしながらあちこち回って動いていて働きやすかったと思います。

今まで2店舗のセブンイレブンでバイトしました。業務は基本的に掃除、品出し、レジ打ちの3つ。
長く勤めていると発注などの業務も追加されます。特に辛いことはありませんが、この仕事は丁寧さよりも多種類の、業務をこなす器用さが大切な仕事なので、器用な人が向いていると思います。
特に昼の時間帯はお客様が多く、またお弁当やチルド品の納品があったり、揚げ物レジ周りの品出しもしなくてはならないので、よりその様な能力が求められます。
逆に夜勤はお客様が少なく品出しがメインのお仕事なので、器用さがあまりない人でも、ひとつのことに集中できる人に向いていると思います。
あとはセブンイレブンはフランチャイズなのでオーナーの意向が大きいです。もしバイトをするのであれば、店舗を覗いて、店の雰囲気を調べておくといいと思います。

私はコンビニに勤務していました。毎日同じ歳の先輩の女性とコンビを組んで働いていましたが、相性が良かったのでしょうか楽しかったです。
夕方から夜にかけての時間帯でしたが、一番楽しかったのは、近くの高校生が帰り道にお店に寄ってにぎわうひと時でした。おでんのセールの時に「どれが美味しいですか?」と聞いて迷っている姿が可愛らしく新鮮に見えました。
1個か2個買うのですが「つゆだくで。」と言ってにっこりされると、美味しいお汁をたっぷりと入れてしまいました。
夜になると、仕事帰りのお客様が次々に来店し、ビールやおつまみ、夜食を買って帰ります。一日の疲れを、これを食べて癒すのでしょう[お疲れ様でした]と心の中でささやきました。
常連さんが多かったあのお店でたわいないおしゃべりに私の方が癒されて良い思い出です。

セブンイレブンで働いていた当時、私は他のアルバイトを掛け持ちした生活をしていたため、6時〜9時の早朝枠で働いていました。
私が働いていた場所はビジネス街だったため、朝の時間帯は仕事に向かうサラリーマンやOLの方が多かったです。
私は早起きが比較的苦にならないタイプでしたし、他の仕事に支障がない時間に働けたこともあってとても有り難かったです。
朝早い時間帯なので、酔っ払いの方などもほとんど見かけませんでしたし、変に当り散らしてくるお客様にも私は遭遇しませんでした。
作業は基本的に単調なのでそれが苦手な方は辛いかもしれませんが、私はそれほど負担がなくある程度稼げたので、とても有難いお仕事でした。

埼玉県にあるコンビニエンスストアで6年働いていました。レジ、品出し、清掃、揚げ物を作ったり、雑誌の返品をしたり等、様々な業務がありました。
慣れてくると発注も頼まれ、どんどん業務は追加されていきます。しかし、何年働いても、仕事量が増えても時給は県で定められた最低時給のまま変わりませんでした。
それには、店長が半年や一年でコロコロ変わるという理由もあったようです。働きぶりをアピールしたところで、店長はすぐに異動になります。
同じコンビニエンスストアでもオーナー店なら時給は上がったのかな?とも思います。昼間働く場合、どこのコンビニでも時給はこのような最低時給の場合が多いです。
昼間働くしかない主婦は仕方ないのかとも思います。

コンビニバイトは比較的楽

管理人である私も、学生時代にセブンイレブン1店舗とローソン2店舗の計3店舗でアルバイト経験があります。

最初に働いたセブンイレブンは、陸上競技場の近くにあったので平日はさほど忙しくないですが土日になると大会参加者が大勢押し寄せるので、特に夏場は飲み物の補充が凄くキツかったです。

2店舗目のローソンは、繁華街にあったので半夜勤勤務でしたが酔っぱらいの対応が辛かったです。一方、その店舗ではトイレの貸し出しをしていなかったので、トイレ掃除が無かったのが良かったです。

3店舗目は駅から離れた郊外にあったので、お客さんは少なく、これまで働いた2店舗に比べるとかなり楽でした。ただ、オーナーが癖のある人で何かと理不尽に怒られた記憶があります。

コンビニバイトの他にも、工場や運送、カラオケ店や飲食店など様々なアルバイトを経験してきましたが、これらのバイトに比べると覚えなければいけないことは少ないし、体力を使うこともほとんど無いので、数あるアルバイトの中でも比較的楽なバイトに入ると思います。

忙しいかどうかは店舗次第

お客さんの数に対してアルバイトの数が少なければ、一人あたりにかかる仕事量が増えるので忙しくなります。

一般的に、お客さんが多い店舗ほどテキパキと動くことが求められるので忙しいと感じるかもしれませんが、担当が明確に振り分けられるので、あれもこれも考える必要は無く集中して仕事をすることができます。

一方、郊外にある店舗など時間帯によってはお客さんがほとんどいないような店舗では、ゆっくり時間が流れるので楽に思えるかもしれませんが、アルバイトが少ないので一人で臨機応変に様々なことをこなさなければいけません。

カテゴリー:
関連記事