就活用の履歴書の写真はピクチャンでもOK?画質は問題ない?

アルバイトの面接で、履歴書を提出する際に必ず必要になる証明写真。

ただ、街中にある証明写真ボックスは高いし、設置されている場所も限られているので何かと不便ですよね。

そんな時に颯爽と登場するのが「コンビニ証明写真(ピクチャン)」です。

ピクチャンとは?

履歴書用やパスポートで使う証明写真、値段が高いなと感じたことはありませんか?

1シートに8枚くらい写真がついてきますが、正直そんなに沢山の枚数必要ないっていう人も多いと思います。

証明写真が撮影できる場所も限られていますよね。昔はコンビニの前に撮影機があったりしましたが最近見かけないケースも増えています。

わざわざ外に撮影しにいかないで自宅で撮影できて、しかも必要最低限の枚数でお値段が安ければ助かりますよね。

そこでおすすめしたいのが「ピクチャン」というサービスです。

「ピクチャン」は、お手持ちのスマホやデジカメで撮影した写真で証明写真プリントができるサービスで、コンビニエンスストアで証明写真の印刷ができます。

ゆるきゃらの名前みたいですね~~

https://baito-master.com/wp-content/uploads/2019/06/ecaf748acfc95a1c048d470057131e44.png

さおり

ピクチャンはこれまで300万人以上の人が利用しています。

ピクチャンの特徴

  1. わずか200円でプリントできる
  2. スマホで撮影できる
  3. 全国のコンビニでプリントできる
  4. 証明写真サイズが豊富

大きな特徴を挙げるとこの3つです。

1シートに3枚の写真がついてきて200円ととっても安いです。通常の証明写真の半額以下で作ることができます。

撮影はお手持ちのスマートフォンやデジカメで行いますので、撮り直しが何度もできるのも良いですね。

証明写真撮影機で撮影した場合は、撮影回数に上限がある場合もあるので満足できる写真にならない場合もありますよね。そのような心配が無いのはありがたいです。

撮影した写真はコンビニで印刷できますので、24時間365日好きな時に印刷可能です。 証明写真ボックスの様に探し回らなくても大丈夫です。

写真撮影はLINEでも可能となっていて、「ピクチャン」を友達登録してトークに写真を送れば印刷できます。

初めて使う人も利用しやすいようになっていますので安心です。

https://baito-master.com/wp-content/uploads/2019/06/ecaf748acfc95a1c048d470057131e44.png

さおり

証明写真サイズが豊富です。もちろん履歴書用(40x30)のサイズも適用しています。

ピクチャンで履歴書用の写真を撮るのは問題ないのか?

気になるのは「ピクチャン」で撮影した証明写真を履歴書に使って大丈夫なのかという点でしょう。

結論から言うと「ピクチャン」で撮影した写真は証明写真として使って問題ありません。

スマホで撮影した写真を証明写真用に使うサービスは他にもありますし、コンビニで証明写真を印刷する方法はかなり前から行われているからです。

ただし背景や服装には気を付けてください。背景は写真を撮影してからスマホの画像加工アプリ等で白に変えても良いですし、撮影する場所を白い壁の前にするなど工夫してください。

光の当たり方で写真に影ができやすいこともありますので、部屋の明るさにも注意してくださいね。

https://baito-master.com/wp-content/uploads/2019/06/f2c6472c38c0a917bbe797aa6aa30efd.png

あきら

履歴書用のサイズがあるぐらいなので大丈夫です。

ピクチャンの画質は問題ないのか?

「ピクチャン」で撮影した画質は、撮影するカメラの性能によっても変わってきます。

普通の証明写真撮影機の場合、美白モードや画質を良くするモードがある機種もありますよね。そのような機種で撮影すると画質はキレイです。

それなりのお値段を払って撮影しますので、キレイな画質になっています。

「ピクチャン」で撮影した場合、画質は少し落ちます。後は利用するコンビニのプリンターの仕様によっても仕上がりが変わってくると言われています。

私も実際に利用してみましたが、目を凝らしてみるとちょっと違和感があるかな~って思いますが、ぱっと見で画質が悪いと感じるレベルではないので安心して下さい。

心配な人はスマホで撮影した写真の画質をきれいにしてから印刷すると良いです。解像度は最低でも300dpi以上必要になってきます。

背景や光の当たり具合の調整はかなり難しいため「ピクチャン」を使って1回で納得できる証明写真が作れない場合はあります。

お値段が安いので少し手間がかかるのは仕方ないですね。証明写真機での撮影料金はだんだん値上がり傾向にありますので、今後の事を考えるとやはり「ピクチャン」で上手に証明写真が撮影できるように練習しておいたほうが良いと言えそうです。

https://baito-master.com/wp-content/uploads/2019/06/f2c6472c38c0a917bbe797aa6aa30efd.png

あきら

何が何でも絶対に採用されたい!!っていう会社の履歴書であれば、写真屋さんなどでプロに撮影してもらった方が良いです。

カテゴリー:
関連記事