長期バイトはどれぐらいの期間から?短期で辞めちゃっても大丈夫?

バイトの基礎知識

アルバイトと言っても様々な種類のものが存在します。そして雇い主が従業員を必要とする期間も様々であるために、求人広告や求人サイトなどでは短期バイト、そして長期バイトという言葉が度々見られます。

短期バイトに関しては「短い期間での仕事」として理解することができます。

そして求人広告や求人サイトには「1日」とか「1週間」といったように働く期間が具体的に示されているのが一般的です。では長期バイトに関してはどうでしょうか?これはどれほどの期間働くことが求められているアルバイトなのでしょうか?

そして長期バイトを始めた場合、短期間で辞めることはできるのでしょうか?ではこれらの点について見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

長期バイトの期間は?

実のところ、長期バイトの期間に関する明確な定義はありません。

そのため雇い主の解釈によって「長期」の意味合いは異なってきます。しかし一般的に長期バイトとは概ね6ヶ月以上の勤務のことを述べています。

そのためこのような求人広告を出している職場は単発的な仕事を手伝ってくれる人を探しているのではなく、長期にわたって戦力として働ける人を求めているのです。

実際、仕事を覚えて職場を支えることのできる人材となれば昇給することもあります。また置かれる立場にも変化が生じることがあり、場合によっては職場をまとめるという重要な役割が与えられることもあります。

仕事に熟達すれば今度は新人に仕事を教える役割が与えられることもあるために、長期バイトは仕事にやりがいを感じたいという人にお勧めできるものです。

また長い間同じ職場で働くわけですから、上司や同僚と過ごす時間も長くなります。そのため短期バイトとは異なり、長期バイトの場合は自分の周りにいる人たちとの人間関係も深まっていきます。

また長期バイトが一般的には6ヵ月以上の勤務のことを述べているからと言って、6ヵ月後に退職を命じられることはありません。多くの場合、職場で戦力となれれば重宝されるために、そこに留まることができます。

また働く期間が決められている場合はたとえ6ヵ月以上であったとしても、それが求人広告にはっきりと示されるのが一般的です。たとえば「夏休み限定」とか「1年間の期間従業員」と言った感じです。そのため「長期バイト」とだけ書かれているのであれば、多くの場合は自分が「辞めます」と言うまで働くことができます。

長期バイトは短期で辞められる?

上記でも触れたように、長期バイトの期間に関しては明確な定義が存在しません。そのためある人にとっては1ヶ月が長期に値するかもしれませんし、ある人は3ヶ月を長期と考えるかもしれません。

そのため長期バイトを行ったものの、6ヵ月未満で仕事を辞めてしまう人がいるのは事実です。

しかし面接の時点ではっきりと6ヵ月以上働いてほしいと言われたり、1ヶ月で辞められては困るというような発言がなされた場合、6ヵ月未満で辞めてしまうことはルール違反に相当します。

それでも当初は長期で働く計画でいたものの、状況が変化して働けなくなってしまう人もいます。たとえば健康上の問題が生じたり、親のお世話が必要となるような状況です。このような場合は仕方がないでしょう。

しかし仕事を行ってみたら自分には合わなかったとか、面倒になったという理由ですぐに辞めてしまうのであれば、職場に大きな迷惑がかかることになります。そのためそうしたことは絶対に避けるべきです。

お勧めの長期バイト

長期バイトにも様々な種類のものが存在します。社交的な人であるのなら、ウェイターやウェイトレスの仕事がお勧めです。レストランは昼食時、そして夕食時にオープンするのが一般的です。

そのためコンスタントに働きたい人はお昼のシフト、そして夜のシフトの中から働ける時間帯をチョイスできるために、自分の都合に合わせて働くことが比較的容易です。もちろんシフトの申し込みは1ヶ月以上前に行われるのが一般的ですので、自分自身の予定を前もって把握しておくことは必須条件です。

1日8時間、そして週に5日の仕事をずっと行いたいと考える人もいます。このような人は工場での長期バイトがお勧めです。多くの場合、仕事のスケジュールはそこで働く正社員に合わせて組まれます。

そのため1日8時間の労働時間や週末休みといった固定スケジュールで働くことができます。また機会の操作や流れ作業のコツを掴むことができれば重宝される存在になれますので、それに伴う昇給などを期待することもできます。

まとめ

長期バイトを募集している職場は、そこで長期間働ける人を求めています。そのため「とりあえず働いてみて、自分に合わないと思ったらすぐに辞めよう」というような気持で始めることがあってはなりません。長期バイトに申し込む際は求められている仕事がどのようなものであるのかをしっかりと把握するべきです。

しかし一度仕事に慣れてしまえば戦力となることができるために、貴重な存在として扱われます。場合によっては社員として働いてほしいというオファーが届くこともありますので、真面目に働くことは非常に重要なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



バイトの基礎知識
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました