高校生向けのバイト面接攻略!服装やよく聞かれることを徹底解説

バイトの基礎知識

高校生になるとバイトを認めている学校も多くあり、アルバイトをしたいという人もいますよね。これからアルバイトを始めるという場合、アルバイトの面接を受けることになります。

アルバイト先には様々な人が働いています。高校生の面接も他の人と同様、その職場でしっかりと働いてくれそうな人かどうかということが確認されるのです。

アルバイトの面接では、質問などに対する受け答えだけでなく、ちゃんとした服装で来ているのかということや清潔感のある身だしなみをしているのかどうかという点を通してその人の人柄なども見られているのです。

そこで、高校生のアルバイトの面接対策についてご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

服装に関すること

面接時の服装をどうするのか

アルバイトの面接を受ける時、服装面で大切なのは、相手にきちんとした印象を与えるということだといわれています。場にふさわしい服装ができているのかということはとても重要なポイントで、この点は高校生がアルバイト面接を受けるという場合でも変わらないのです。

面接に着ていく服は制服がいいのか私服がいいのかということで悩む人もいるかもしれません。この点については基本的にどちらでもいいといわれています。どちらを選んでもいいのですが、面接で重視されるポイントは身だしなみや清潔感などなのです。

学校の制服を着ていっても汚れているのが分かるようであったり、だらしない着こなしで面接を受けるということはNGなのです。その理由は、面接の担当者への印象が悪くなってしまうということが挙げられてしまうからなのです。

不潔であったりだらしないという印象はお客様に伝わってしまいます。そのため、服装は感じのよいものを選びましょう。また、制服で面接を受けるという場合には校則に沿った服装で受けましょう。

かばんは必要?どんなものが良いのか

高校生のアルバイトの面接にはカバンも忘れずに持って行きましょう。カバンは何でもいいというのではなく、服装に合わせて落ち着いたデザインのものを用意しておきましょう。

カバンの中に履歴書や筆記用具を入れて持って行きます。そのため、これらが入る大きさのショルダータイプなどのものなどがおすすめです。

靴はどんななものが良いのか

面接を受けるということでヘアスタイルや服装に気を遣うという人は多くいます。同時に、靴も忘れないようにしましょう。足元は案外目立つといわれていますので、泥などで汚れていないかどうか、面接前には靴を綺麗しておくようにしましょう。

デザインは落ち着いたシンプルなもので、色は白や黒、紺などを中心に選ぶのがおすすめです。

靴下まで気を遣うべきか

面接を受ける場合にはヘアスタイルや服装、靴と同様、靴下も気を遣うべきなのです。全体的に統一感が出るようにし、靴に合わせて靴下も選びましょう。ワンポイントでもあまりにもはっきりしたワンポイントのものなどは靴下だけが目立ってしまって、全体的な統一感という点でもおすすめではありません。

長すぎず、短すぎず、全体的な統一が取れるデザインのものを選ぶようにしましょう。

髪型や髪色対策

高校生のアルバイトの面接では、基本的には相手にきちんとしているという印象を与えるということが大切です。

食べ物を扱う飲食店やフードなどの仕事では髪の毛が長かったり、きちんとヘアスタイルが整っていないと清潔感という点でもよくないといえます。また、髪の色が明らかに不自然な色だという場合にも清潔感という点でマイナスのイメージにつながってしまったりするのではないでしょうか。

そのため、髪型をきちんと整えて、清潔な印象が出るように髪色対策を行うようにしましょう。自然な髪の色だとそうでない場合に比べて全体的な印象はいいといえます。

化粧・ピアス・カラコンはいいのか

高校生のアルバイト面接の時には、化粧やピアス・カラコンはほとんどの業種ではあまり必要ないといえますが、アパレルの販売などの場合には普段から服装に気を遣っていることが伝わるようにトレンドもある程度意識したコーディネートをするのはおすすめです。

ブランド販売などのアルバイトに応募する場合だと、そのブランドのテイストに合わせた服装だと歓迎されやすいといえます。ケースバイケースで判断していくようにしましょう。

面接に関すること

面接で高校生ならではの聞かれること

高校生のアルバイトの場合、どの職種でも前向きに仕事に向き合えるという人物であるということは重視されるといえます。また、明るく振舞うことができる人を採りたいということもあったり、応募職種に活かせそうなポイントな度を期待されたりします。

そのため、高校生活などでどんな学校生活を送っているのかということについて質問されたりすることはあるといえます。例えば、部活でスポーツクラブに入って大会などに参加したというエピソードなどから周囲とコミュニケーションしながら目標にむかって頑張っているという印象などが伝わるといえます。

学校生活でどう頑張っているのかなども聞かれたりする場合も多いといえます。また、学校でアルバイトを許可しているのか聞かれることもあります。

全てを正直に答えた方がいいのか

面接の質問で、土日は入れるのかなど予定を聞かれた時、クラブで土日は入れないという場合、全てを正直に答えた方がいいのでしょうか?この点についてはあくまで学業との両立という点から、入れない日がある場合にはきちんと伝えておいた方が後々ベターといえます。

日程的な部分についてはできる限り正直に応えておく方がいいといえます。

面接時に確認しておきたいこと

求人に記載されていることと実際示されたことが違うという場合、後々しこりが残ってしまうことになる場合があります。そのため、時給などの勤務条件についてはちゃんと確認しておくようにしましょう。

また、試用期間や研修期間などが設けられているという場合、試用期間や研修期間とその間の時給も確認しておきましょう。

交通費の支給の有無や条件、面接の結果がいつなのか等についても確認しておきましょう。

高校生にお勧めのバイト

高校生におすすめのバイトとしては初めてでも働きやすいということと学業と両立しやすいアルバイトが挙げられます。

そのような意味で、放課後などから数時間できる飲食店などのフード系のアルバイトやコンビニでのアルバイトなどはおすすめです。

また、ファミリーレストランなどのキッチンやカフェの店員、スーパーなどのお惣菜系のバイトなどもおすすめです。ファーストフードなどのアルバイトも初めてバイトをするという人にもおすすめです。

まとめ

これからアルバイトを始めたいという高校生の場合もアルバイトの面接を受けることになります。アルバイト先には様々な人が働いており、高校生のアルバイト面接も、その職場でしっかりと働いてくれそうな人かどうかが重視されています。

アルバイトの面接では質問などに対する受け答えがスムーズにできるように事前に準備していきましょう。面接を受ける時には質問対策だけでなく、ちゃんとした服装をしていて清潔感のある身だしなみができているのかという点も重要です。

ヘアスタイルや服装、靴などは清潔感に気をつけて整えましょう。業種によるところはあるといえますが、落ち着いたデザインものを着用していくのはおすすめです。面接を受ける時にははきはきと明るい受け答えをするとよい印象につながります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



バイトの基礎知識
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました