スキー場にあるリフト券チケット販売のバイトってどんな仕事してるの?

スキー場のバイト

スキー場でアルバイトをしようと考えた場合、特に女性の方はリフト券売り場でアルバイトをしたいと思う方も多いはず!

仕事内容としては、当然ながらリフト券を販売することがメインになりますが、その他にも様々な仕事をこなさなければいけません。ここではそんなリフト券売り場の仕事内容を掲載していきますので、働きたいけどどういった仕事をしているのか分からなくて悩んでいる方は参考にして下さい。

スポンサーリンク

スキー場のチケット売り場の仕事内容

チケット販売といってもスキー場には様々なチケットが存在しています。

ですが、一般的にチケット販売の仕事で求人募集をしている場合多くはその販売するチケットはスキー場のお客さんが滑るために乗るリフトのチケット、いわゆるリフト券を販売することになるのが大半となります。

そのリフト券にも様々な種類のチケットがあるので、それらの中からお客様が注文した種類のものを正確に識別して、専用の端末等を操作して発券して、お客様に渡すということが主な仕事となります。

朝一が一番忙しい

なかでも一番忙しい時間はやはりお客さんがドッと押し寄せてくる午前中の早い時間帯なのですが、そのような時にはとにかく素早くかつ正確にお客さんに対応していくことが求められる様になっていきます。

また、最近ではリフト券にもデジタル化の波が押し寄せており、ICチップが埋め込まれているリフト券を使用しているスキー場も多く存在しています。

そのようなところのリフト券は紙の券のように使い切ったらポイできるようなものでは当然ないので、チケット販売員は販売するのと同時にゲレンデから帰ってきたお客さんからリフト券を回収することも仕事に含まれている場合があります。

案内業務も大事な仕事

そして、チケット売り場というのはいわゆるスキー場の玄関窓口といって良い場所です。なので、お客さんによっては現時点でのスキー場のゲレンデの状態や現在・今後の天気の状況を訊ねてくる場合があります。

スキーヤーにとってこれから滑る場所の状況を確認したいという気持ちは当然あります。そういった質問に対してお客様の疑問をきちんと解決できるような回答をするということもチケット販売員としての立派なお仕事の1つです。

スキー場周りの掃除

売り場周辺のゴミ拾いや、場合によってはスキー場全体のゴミ拾いを任されることもあります。リフト券売り場は比較的暇な時間が多いので雑用業務は多いです。

インフォメーション業務を行うことも

スキー場によってはチケット売り場はただチケットを売るだけでなく、インフォメーションを行う場所になっていることもあるので場内へのアナウンス、迷子の対応を行う場合もあります。

大きなスキー場であれば、インフォメーションとリフト券売り場が別々になっていることが多いですが、ローカルのスキー場は一緒になっていることが多いのでそういったスキー場では、インフォメーション業務も兼任しなければいけないと頭に入れておきましょう。

自分の声がスキー場内に響き渡るって何か恥ずかしですよね(笑)

出会いを大切に

また、スキー場で働くどのスタッフにも言えることですが、特にチケット販売なんていう仕事は上述の通りお客様がスキー場に来て最初に出会うスタッフです。

決してぶっきらぼうな対応をせず、笑顔で元気よくお客様に気を配るということは大前提です。最初の印象は非常に大事ですから、簡単なようでこの内容は非常に大事なことです。

書いている内容を読んでいると分かってくると思いますが、想像以上にお客様との丁寧なコミュニケーションの取ることが非常に多い仕事となります。

滑る時間はあるのか?

スキー場で短期バイトをする方の多くが滑ることを目的としているでしょうから、1日の勤務形態がどうなっていて滑る時間がどれぐらいあるのかって気になりますよね。

リフト券売り場のバイトは営業開始前~開始後1時間ぐらいが一番忙しいです。逆にその時間帯さえを乗り切れば比較的自由な時間は多いので、午前中だけ働いて、昼から半日ずっとフリーで滑ることもできます。

ただ、休みの日でない限り、朝一のパウダースノーを味わうことは難しいかもしれませんね・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
採用お祝い金のある求人サイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されるとお祝い金が支給されるシステムにより人気急上昇中!

フリーター専門の転職サイト

リクルートグループが運営する「就職Shop」は、就職者の4人に3人は正社員未経験者なの、フリータ経験しかない方でも安心です。

書類選考はありませんので、履歴書や職務経歴書の書き方で迷うこともありません!

関連記事



スキー場のバイト
バイト太郎をフォローする
バイトマスター
タイトルとURLをコピーしました